レジャー運に応用すると

レジャー運に応用すると

レジャー運に応用すると

カンは月によって引力が増す時期である新月と満月期間に冴え渡ります。

さらに、新月の日から3日ほど経った三日月の日には、月光も引力もちょうど程よいエネルギーを地球に投げ掛けるので、このエネルギーに共鳴すると直観力の他に、鋭敏な感覚を手に入れられるというわけです。

たとえば、パチンコやスロットマシーン、ルーレットをする場合は、感覚が特に増す上弦の期間に行うとよいかもしれません。

麻雀、囲碁、将棋、花札、トランプなどは、カンや感覚だけではなく、頭脳プレイも要求されますので、思考力が高まる下弦の期間が適しているともいえますが、理屈抜きに楽しもうという場合はやはり満月の期間がよろしいでしょう。

ただし、感情的になりやすいのもこの時期なので、ハメを外さないようにしたいものです。

自分自身の体をはるような競技的な勝負に参加する場合にも、身体と感情の波が高まる満月期間が適しています。

競艇、競馬などは、過去のデータで勝負するなら下弦期に、直観を活かした一発勝負に掛けるのなら新月期をお勧めします。

宝くじは直観というより、ほんとうに買う時のタイミングによるので、これは月齢の位相よりかは、その日のその場所の満潮時刻にあたる時間に買うのも一手かもしれません。

つまり、ツキのエネルギーが高調であることに掛けるわけです。

ただし、ナンバーズゲームのように、過去のデータをもとに意図的な数字を選ぶ場合は、思考・計算力が高まる下弦期において検討するとよいかもしれません。

あるいは、ある気になる数字が閃きのようにわき起こって来た場合、その時が新月期であれば、その数字をナンバーズに使うとよいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional